昇華転写(フルカラー印刷)とは

昇華転写とは、専用の特殊なインクを使用して印刷した印刷物を熱によって気化させ、

密着させた生地に染め込む加飾法です。

技術自体は以前からありましたが、版が必要な印刷方法が主流だったため、

小ロット対応、調色、に悩まされてきました。

それらの問題点をクリアしたのが、当社の「インクジェットタイプの昇華転写印刷」です。

専用の紙とインクを使用し、大型のインクジェットマシンで印刷した印刷済みの紙を熱転写するので、

版が必要ありません。

インクジェット印刷ですので、少量からでも印刷出来る上、入稿データに近い調色が比較的簡単に行えます。

また、深圳の提携工場は縫製工場も併設しておりますから、印刷から縫製迄一貫して行うことが可能です。

全行程を提携工場内にて行うことにより、「高品質」な商品を「早く」、「安く」、ご提供致します。

 

「シルク印刷」との違い

小ロット、低価格な印刷として一般的なのがシルク印刷です。

印刷する図柄次第では、今でも非常に有効な印刷方法ではありますが、

色の表現力には制約があります。

インクジェットタイプの昇華転写と比較してご説明します。

 

シルク印刷

メリット

既存の商品に印刷出来る  単色であれば版が1版ですむ為安価 ほとんどの素材に印刷可能

デメリット

グラデーションが苦手  色の数が多いと、版代がかさむ

 

インクジェット昇華転写

メリット

版代が不要 グラデーションが得意

デメリット

既存の商品には印刷出来ない 印刷可能な素材が限定される

 

弊社は昇華転写専門と思われがちですが、シルク印刷も対応しておりますので、

ご依頼内容にあわせてご提案致します。

 

昇華転写.comのこだわり

表現力・再現性へのこだわり
キャラクターをグッズでオリジナルと同じように表現したい、
配色をオリジナルと同じように再現したい。
そんなご要望にお答えできるのが昇華転写という技術です。
しかも今まではできなかった小ロットにもご対応できます。

 

時代のニーズに沿った商品製作
定期的に市場調査・サンプリングを行う事で、時代のニーズをつかみ
時代にマッチしたアイテムを製作いたします。
初めてグッズ製作をされる方からプロフェッショナルな方まで安全・安心に
お手伝いをさせていただきます。

 

ユーザー様第一のものづくり
ご発注いただくユーザー様はもちろんながら、実際に購入・使用される
エンドユーザー様にもご満足いただける「ものづくり」をいたします。

 

品質へのこだわり、厳正な品質管理
低価格・短納期、それでいて品質は超一流。それが昇華転写.comです。
中国工場と直接取引を行っているため、情報伝達がスムーズに、
なおかつ確実に行う事ができます。
しかも印刷から縫製まですべて一括の工場での「ものづくり」です。
ユーザー様と同じ認識で工場も製品づくりを行います。

 

昇華転写印刷についての追記

 
近年の昇華転写プリントは、アパレルだけではなく店舗装飾物(タペストリーや布ポスターなど)、スポーツウエアやインテリアグッズ(クッションカバー、カーテン、テーブルクロスなど)さまざまなシーンで活用されています
小ロット生産が可能で多種多様なお客様のニーズにこたえています
 
店舗装飾物
タペストリーや布ポスター、のぼりなど屋内外問わず活用されています。
従来の印刷方法の製品から軽さと高い印刷再現力が特長の昇華転写フルカラー印刷へと移行いています
 
スポーツウェア
ポリエステル生地の柔軟性や速乾性などを生かし、スポーツウェアに昇華転写印刷を用いることが増えています。チームの個性を表現するユニホームにはフルカラー印刷が可能な昇華転写印刷が適しています。
 
インテリアグッズ
クッションカバーやシーツ、カーテン、ブランケット、収納ボックスなどインテリアグッズとして普及しています
写真も印刷できますので家やオフィスにある縫製品のほとんどに活用できます。
 
生地印刷
アパレル業界でも極彩色の生地やグラデーション模様の生地などで浸透してきています。
染色と違い同じものを製作できますので重宝されています。
 
ポリエステルコーティング
ポリエステルコーティングをすることにより金属や木材などにも昇華転写印刷できるようになりました。
イラストはもちろんのこと観賞用の写真なども製作されています。
 
昇華転写プリントのメリット・デメリット
昇華転写印刷は発色の良さ、印刷面のひび割れがおきない、色落ちしにくい、耐久性が強く、繰り返し洗濯をしても絵柄に影響はでにくいなど昇華転写印刷ならではの魅力です。
昇華転写印刷は、インクを気化し生地に浸透させる印刷方法です。インクはポリエステルにしか定着しませんので綿やナイロンなどほかの生地には色が定着しません。プリントできる素材が限られてしまうというデメリットがあります。
白色生地との相性はとてもいいのですが、濃色の生地に印刷すると生地の色の影響を受けくすんだ色合いになってしまいます。
どうしても濃色の生地に印刷しなければならないときは、デザイン面に白色のインクをひきその上にプリントする技法があります。
昇華転写印刷は熱を加えてインクを気化させプリントしますので、アイロンや乾燥機など熱をかけると、再びインクが気化して色落ちや、色移りする可能性があります。
また紫外線に長期間あたり続けると色が薄れる可能性があります。

このページの先頭へ